代位弁済

代位弁済とは?

保証会社の存在

代位弁済とは、インターネットローンを借りていた人が返済できなくなった場合、保証会社がいったん返済することを言います。とはいえ、保証会社は、借りていた債務者に対する求償権を取得しますから、結局返済義務は継続するのです。つまり、取り立てが終わることはなく、たいていの場合、利息がかなり高額になります。遅延利息が追加されるためです。

 

銀行などのインターネットローンを利用すると、その銀行系の保証会社に対する保証料の支払が必要です。もっとも、多くの場合、保証料は利息の中に入っているため、気が付くようなことはありません。

 

銀行などのインターネットローンを審査しているのは銀行ではなく、実は傘下の消費者金融であったり、信販会社だったりすることが多いです。これらの審査会社が、審査をして融資限度額を決定するわけですが、同時にその限度額内で、返済の保証をしているのです。

 

肩代わりしてくれるわけではありません

このように保証会社の存在は、インターネットローンの利用者に対してメリットはありません。しかし、保証会社がいなければ、銀行などはインターネットローンの取扱いができませんから、いわば審査料だと考えた方がいいでしょう。

 

どうして銀行はインターネットローンの審査をしないのかと言われますが、無担保融資であるインターネットローンは、他のローン商品とは商品構成も顧客の性格も違うのです。銀行にインターネットローンの審査をさせること自体に無理があるのです。

 

代位弁済がされることは避けよう

代位弁済がされるという事は、返済が滞ったことを意味しており、銀行や消費者金融が自ら持っている貸付債権を譲渡していることを意味します。つまり、この段階で金融事故を起こしていることになり、ブラックリスト入りしているわけです。

 

ただ単に支払が遅れてしまったというだけであれば代位弁済になるようなことはありません。回収ができないから代位弁済として、保証会社に責任を負わせているのです。このような対象になったという事は、非常事態なのです。