インターネットローン リスク

インターネットローンを利用する際のリスクとは?

審査の難易度が分かりにくい

インターネットローンは、審査の流れは図解入りで詳しく解説してありますが、具体的な難易度についてはあまり言及していません。

 

そのため、金融機関の公式サイト以外から情報収集をしなかったら、今の自分が審査に通る可能性があるのかも不透明です。

 

ネット上の非公式情報は、自分で信頼性を見極める必要があるものの、相対的な難易度ぐらいは分かります。

 

たとえば、銀行の住宅ローンは、インターネットローンでは事務的に合否が決まり、対面式の審査では追加書類の提出などで通そうとしてくれるのです。

 

ともあれ、ネットバンクのインターネットローンは、ある意味では銀行支店よりも審査が厳しいことが問題になります。

 

簡単に審査落ちの記録ができる

インターネットローンの審査申し込みは、オンライン上で簡単に行えます。

 

窓口の営業時間を気にしなくても良いのですが、その反面、送信したデータがシステムによって処理され、あっという間に審査落ちになってしまうリスクもあるのです。

 

金融関係の記録は、中立の個人信用情報機関によって管理されているので、別の審査申し込みにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

気づかずにどんどんローン申し込みをしてしまったら、たった数日でどの金融機関からも借りられないブラックリスト入りです。

 

簡単に審査申し込みできるからこそ、使い方を間違えたらメリットがそのままデメリットに変わってしまうことに気をつけましょう。

 

金融機関によって手順が違う

インターネットローンといっても、金融機関によって手順が違い、全てオンラインで完了するタイプから、書類を別途郵送するタイプまで、千差万別です。

 

特に、支店がない金融機関のインターネットローンは、コストがかからない分、貸付側が利用者を厳選する等の要素も考慮しなければいけません。

 

自分の属性が高評価なら問題ありませんが、非正規である、勤続年数が短いといった場合は注意しましょう。

 

手続きに手間がかからず便利であることは、お金を貸す金融機関にとっても同じことです。

 

窓口のスタッフなどと接するのなら、色々なアピールや会話ができますが、データや書面だけ見るとなったら審査担当者の一存で決められてしまいます。