ネットローン 金利

【金利の落とし穴】ネットローンを利用する際に気をつけるべきこと

最初は少ないけど

インターネッットローンの金利は高いと言われています。しかし、給料日前にちょっと足りない1万円とか2万円を借りているだけであれば、大した金額にはなりません。給料日に借りたお金を返済すれば、利息の金額は100円単位であり、引き落としてもらうのが申し訳ないような気になるほどです。

 

18%という金利の数字であっても、期間が短くて借入金額が少なければこのような感じで、金利が高いと意識することはありません。本来インターネットローンとはこのような場面で利用するものであり、あまり高額の借金をするものではないのです。

 

インターネットローンの中には、融資限度額が100万円単位のケースもあり、実際にこのような限度額を受けている人もいます。この場合は、金利がもっと優遇されていますが、限度額いっぱいまで使うと金利負担が重くなり、最終的に支払不能の原因になっていくのです。

 

残高が増加すると泥沼化

インターネットローンは、残高が溜まりやすいので繰上返済をする必要があると言われます。借りた金額の割に返済額が少ないので、残高が増加していきやすいのです。いつも、自分の利用限度額と実際の利用残高を確認する必要があります。

 

残高が増加し、毎月の返済額が増えていくと、ジワジワと増加する返済額に返済の厳しさを痛感することになります。一度増えると金額が多額なので返済は一苦労です。返済金額が少ないからと安心していると、残高も利息も増加していくのです。

 

だから繰上返済が必要

これは、インターネットローンの返済方法が、残高に応じた元利均等返済方法によるためです。また、この返済額がその借入に応じた利息相当額に近い数字なので、元本が減らないのです。つまり、毎月の返済額だけを支払っていては、支払が永遠に終わらないと言ううことになるわけです。

 

インターネットローンを利用したら繰上返済が必要だと言われる理由はここにあります。最初は少ない金利であっても、調子に乗って使い過ぎると肥大化して支払不能の原因となってしまうのです。