インターネットローン レイク

レイク|インターネットローンの特徴

カードレスが可能

新生銀行系のカードローンであるレイクは、銀行系カードローンのためサービスの充実が期待されています。実際に申込をして、インターネットローンを始めてみると、申込時点からネットで快適な処理ができることがわかります。

 

審査が終わり、契約をするとローンカードが届きますが、ローンカードを利用してコンビニATMなどを利用する必要はありません。レイクのインターネットローンでは、ネット経由で融資資金の振込を指示できるばかりではなく、ネットバンキングを利用して振込による返済もできます。

 

利率が高いインターネットローンなので、このようなサービスがあると少しでも早く返済することができますし、同時に残高が滞留しない利点もあります。カードレスの取引ができるレイクは、利用者にとって便利なだけではなく、安心して利用ができると言えます。

 

会員サービスは充実

レイクのインターネットローンを支えているのは、充実した会員サービスです。この会員サービスは、WEBから各種の指示をするものであり、インターネットローンの基本となるものです。この会員サービスのペーシから、振込指示も返済指示も出せるわけです。

 

このような会員サービスのおかげで、自宅でゆったりとインターネットローンを使うことができるのです。自分の利用している銀行口座に入金してもらえるため、あえてコンビニATMに行く必要もありませんし、キャッシングした資金を自分の口座に改めて入金する必要もないのです。

 

銀行系の割に利率は高め

とはいえ、レイクの欠点として、銀行系の割に利率が消費者金融並みに高いと言う点が挙げられます。多くの銀行系カードローンは、大手消費者金融より利率を落としているのですがレイクは落としていません。

 

業績がよくない新生銀行系だという事もあるのでしょうが、この点だけは改善の余地があります。ただし、多少の利率の差は、早期に返済することで差額を感じられないほどになることは確かです。インターネットローンの利点を生かして資金の余裕があるときに早めに返済することが必要です。