住宅ローン 借換え メリット

住宅ローン借換えのメリット&デメリット

現在の借入残高と予定年数で変わる

住宅ローンは10年間を超える長期ローンであり、借入当初とは大きく状況が違ってしまう事例が多くあります。

 

他の金融機関で借換えをすることで、現在の自分たちに有利な条件に変更するのもテクニックの1つです。

 

主なメリットとしては、返済金額を圧縮して、家計の負担を軽減できることを挙げられます。

 

住宅ローン借換えの広告でも、低金利で有利な借換えというキャッチコピーが入っているのが特徴です。

 

しかし、個人が借りられる最大金額のローンだけあって、右から左にお金を動かして終わりというほど単純ではありません。

 

現在の借入残高と完済までの予定年数でメリットの大きさが変化するので、まずは現状を把握しましょう。

 

借換えには多くの費用がかかる

低金利になるかどうかに注目しがちですが、住宅ローン借換えでは多くの手数料が発生します。

 

何しろ、戸建ての権利なども書き換えるので、専門家への委託手数料や、金融機関への事務手数料、保証料などを支払わなければいけません。

 

盲点になりやすいデメリットだから、借換えシミュレーションでは忘れずに計算しておくべきです。

 

さらに、団体信用生命保険が別途計上される住宅ローンもあり、気づかないまま借換えすると、提示された金利に上乗せで支払う羽目になってしまいます。

 

小売店で間違って商品を買ったレベルでは済まされないので、思わぬデメリットを背負わぬよう、客観的な専門家に相談しておきたいところです。

 

自己責任で損益分岐点を判断しよう

住宅ローン借換えを救いとするも、想定外のトラブルにするも、借換えをする本人の準備次第です。

 

金融機関の広告は、確実に長期返済してくれる優良顧客を取り込みたいだけで、都合の悪いことをわざわざ言いません。

 

したがって、自己責任で住宅ローン借換えのメリット&デメリットを調べ上げ、総合的にメリットがあるローンを選ぶ必要があるのです。

 

その損益分岐点の目安は残高1,000万円以上、完済まで10年以上で、金利1%以上の低下となっており、手数料を払っても利息の減り方が大きくなるケースとなります。

 

自分がよく利用するサービスが優遇される、あるいは、無料で繰上返済ができる等の特典も見逃さずにチェックしておくことをお勧めします。