インターネットローン ろうきん

ろうきん|インターネットローンの特徴

労金により違いがありますが…

労金は全国にネッットワークを持つ労働者のための銀行組織です。商品構成は大体似ており、インターネットローンの取扱もあります。労金によっては、ネットで借入や返済ができるカードレスの方法で利用できるインターネットローンを設定していることもあります。

 

ただし、カードレスの方法で利用するインターネットローンは、利用限度額が100万円以下に制限されている場合があります。完全なカードレスになっているものの、多額の利用の場合は、ATMでのキャッシングが必要になります。

 

労金のインターネットローンは、他の銀行などと同様に労金の利用者を前提としています。そのため、利用も返済も労金の貯金通帳との振替になります。もちろん労金のカードにインターネットローン機能を付けることで、ろうきんのATMやコンビニATMを利用することが可能です。

 

利率は、最高金利が10%を割っていることもあり、消費者金融に比べると破格の低金利です。もっとも、融資限度額が300万円程度と平均的です。ただし、労金はマイカーローンなど他のローンが充実しているため、高額商品の取得資金であればそちらを使えばいいでしょう。

 

フリーローンもネットで可能

労金は、他の銀行に比べてローンの種類が多いことで知られています。また、労金のフリーローンは、ネットで利用できることが少なくなく、インターネットローンとして利用することができます。繰り返し利用することはできませんが、利用限度額が大きく、利率も低めです。

 

繰り返し利用できる少額の限度額のローンは、ちょっとお金が足らない時に利用し、大型商品の買い物資金はフリーローンや目的型ローンを利用することで金利が低い有利な融資を受ける事ができます。

 

組合員重視

労金は一種の組合のようなものであり、組合員になると金利面で優遇されます。そのため、単に貯金口座を作っているだけであれば、組合員になる必要はありませんが、お金を借りるのであれば組合員となるメリットがあります。

 

他の銀行や消費者金融よりもともと金利が低いので、利用価値は大きいです。また、審査も銀行よりは柔軟に対応してもらうことができますから、派遣の仕事をしている人などにもお勧めです。