イオン銀行

イオン銀行|インターネットローンの特徴

名前の通りビッグな利用限度額

イオン銀行のインターネットローンはいくつか種類があり、手軽に繰り返し利用できるローンとして「カードローンBIG」があります。利用可能額が最大800万円と巨額であり、利率も最低3.8%です。また、最高金利も13.8%なので、消費者金融に多い18%と比べると、さすが銀行系と思わせるものがあります。

 

利用限度額は、利用者の信用によるため一概に言い切れません。しかし、消費者金融が総量規制のため、年収の3分の1に利用限度額が限定されているのに対し、イオン銀行は文字通り銀行なのでこのような規制はありません。

 

カードローンBIGの融資審査内容が公表されているわけではありません。しかし、銀行系カードローンの場合は、年収の半分程度まで融資限度額を設定している例が多く、イオン銀行もこの程度までの融資限度額を設定してくれる可能性は高いです。

 

カードレスが可能

イオン銀行は、もともとネット銀行なので、インターネットローンとしての機能は充実しています。ローンカードを発行せず、ネットで振込や返済の指示をすることができます。もちろん銀行やコンビニATMを利用することも可能ですが、忙しい時間帯にATMの列に並んだり、何度も操作するような必要がないことは便利だと言えるでしょう。

 

融資限度額が高いほど利率は下がるので、結構利用シーンは多くなります。通常は、高利のインターネットローンで高額商品を買う事はお勧めできませんが、利率が低ければ話が別です。現金専門の店舗で大型テレビを買えば、家電量販店でリボ払いするよりずっと有利です。

 

利用可能なATMが多い

イオン銀行の特徴として、銀行自体のATMが非常に多い点が挙げられます。全国にあるイオン系の店舗には必ずイオンのATMがありますし、大型店にはイオン銀行の店舗もあります。最近は駅のホームなどにも設置されることが多くなりました。

 

インターネットローンであればATMには用がないことが多いのですが、これだけ多くのATMがあれば、ちょっと現金の持ち合わせがないと言う際にも安心して利用することができそうです。