インターネットローン 審査 甘い

インターネットローンの審査が甘いって本当?

借入実績アリなら通りやすい

インターネットローンとは、インターネット上の公式サイトから審査申し込みが可能なローンです。

 

最も時間がかかる申込書類のやり取りを即座に済ませられるので、最短即日融資になります。

 

審査担当者が封筒を開封するまでの手順が全てカットされ、データがそのまま一次審査に入るから、書面での審査申し込みとは比べものにならないスピードです。

 

その金融機関で借入実績を作っていれば、延滞記録の有無だけで審査合格になる可能性すらあるのです。

 

情報システムといったインフラが充実しているメガバンクでは、優良顧客である住宅ローン利用者を優遇しており、インターネットローンですぐに別口の融資を受けられる場合もあります。

 

仮審査という金融機関も

少額融資のインターネットローンでは、審査手順が省略されるから、急いでいる方にお勧めです。

 

しかし、審査内容が甘くなることは少なく、システム上で自動的に振り分けされるから、逆に難易度が上がってしまう危険も内包しています。

 

たとえば、延滞記録がある方にとっては、オンラインの審査申し込みでは、一次審査で落とされてしまう確率が増加してしまうのです。

 

窓口や無人自動契約機で審査申し込みすれば、スタッフが観察しながらになるので、人柄や態度といったアナログな要素も加味されます。

 

また、金額が大きい住宅ローン等の融資では、インターネットの審査申し込みは仮審査であって、直接面談の本審査が控えているのです。

 

手間と審査難易度は反比例

ネットバンクのインターネットローンは、低金利で高額を借りられる条件が多く、しかも一度もスタッフと対面せずに審査が進みます。

 

とても魅力的に見えますが、実は消費者金融などの一般の金融機関より厳しいことが多いのです。

 

銀行側にとって手間がかからないインターネットローンは、別に無理に貸し付ける必要はなく、確実に回収できる相手が出てきた場合にのみ応じるだけで済みます。

 

あるネットバンクでは、銀行よりも貸し付ける条件が高く、勤続年数が多い正社員でなければ一次審査すら通りません。

 

消費者金融などが、わざわざ支店と無人自動契約機を設置しているのは、それだけ審査を通したいからということを理解しておきましょう。