インターネットローン 保証人

インターネットローンを利用する際に保証人は必要?

保証人は要りません

インターネットローンを利用する際に保証人は要りません。無担保のローンであり、使いやすくするための工夫です。しかし、保証人がいないとお金を借りることができないのではないかと不思議に思う人もいるでしょう。

 

銀行のインターネットローンでは、傘下の保証会社や消費者金融が審査とともに保証をしています。しかし、消費者金融の場合は、自らのリスクで融資をしているため、あえて保証人を必要としていないのです。昔の「サラ金」には、ちょっと強面のおじさんがいたものですが、このような人が「審査のプロ」であり、保証人を必要としない理由だったのです。

 

無担保であり、かつ保証人を必要としないため、申込は非常に簡単であり、手続に要する時間も短縮できます。インターネットローンが大人気である理由は、保証人も担保もいらない気軽さにあるのです。

 

その代償として利率が高いです

もっとも、その代償として利率が高いことは承知しておく必要があります。銀行などでローンを借りると、保証料を支払う必要があることがあります。住宅ローンの場合だと、びっくりするほどの保証料を請求されることがあります。

 

インターネットローンでも話は同じで、保証人が要らない半面、利率が高いのです。保証料という形で徴収すると、最近は過払い金利息請求を逃れていると訴訟になる可能性があるため、利息に含める形を取っています。しかし、この高い利率の中には保証料相当額が含まれているのです。

 

利率の高いローンは早期返済が大切

保証料が高いため利率が高いという事は、言い方を変えると貸倒の割合が高いことを意味しています。自分が貸倒の対象にならないようにするためには、できるだけ早期の返済が大切です。返済遅延や債務整理をすると、ブラックリストの対象となり、日常生活に支障があります。

 

このような利率の高いローンは、早期返済することが一番なのです。インターネットローンの利用をして、返済をすることを続けていれば問題はないのですが、利率が高いという事は危険性が高いという事も意味していることは覚えておいた方がいいでしょう。