インターネットローン 必要書類

インターネットローンを利用する際に必要な書類とは?

すでに銀行口座があるとスピーディ

インターネットローンでは、顔が見えないからこそ、本人確認が徹底されます。

 

マイカーローンなどでは、いったん口座に振り込んだお金を金融機関が代理でディーラーへ支払う事例もあるので、すでに銀行口座がある方がスピーディです。

 

少額融資では口座未開設であっても審査申し込みができますが、インターネットローンを使いこなす為にも、希望する銀行の普通口座は持っておいた方が良いでしょう。

 

全くの初回利用者の場合は、有効期限内の運転免許証、同じく期限内のパスポートといった官公庁による顔写真付きの身分証明書のコピーが求められます。

 

連帯保証人を必要とするローンでは、保証人の身分証明書のコピーなども用意しなければいけません。

 

目的別の場合は契約書のコピーも

低金利で大きく借りられるのは、マイカー、住宅などの目的別ローンです。

 

インターネットローンは自宅にいながら金融機関に申し込めて便利ですが、その根拠となる契約書のコピーも提出する必要があります。

 

貸し付ける側にとっては、利用者が嘘を言っている可能性まで考慮しなければならず、取引先と交わした契約書を確認することも審査項目に加わっているのです。

 

万が一、使用用途が違っていたら、貸し付けるリスクそのものが大きく違ってしまいます。

 

金融機関の審査担当者の心証を良くする為にも、それぞれのインターネットローンの必要書類を不備なく用意しておくことが、スムーズに審査を通るポイントです。

 

大型ローンでは公的な証明書が必須

大型ローンでは、インターネットローンであろうとも、公的な証明書が必須です。

 

たとえば、住宅ローンにおいては、その借入金額と期間の長さから、データ送信のみのオンラインでは仮審査までしかできない金融機関が少なくありません。

 

逆に、住宅ローン利用者のリフォームローン、車の買い換えのマイカーローンでは、比較的簡単に審査を通ります。

 

収入証明書としても、直近の給与明細と、数ヶ月以内に交付された所得証明書では信頼度が違うので、提出前にも再チェックしましょう。

 

インターネットローンの審査は、書類送付の時点からすでに始まっています。

 

不備がある書類は、審査において想像以上にマイナスになってしまうのです。