取り立て

取り立てって本当にあるの?

親しみやすさの裏側

インターネットローンの宣伝を見ていると、親しみのあるタレントが宣伝しており、身近な存在だと思えてくるものです。実際に、利用と返済をきちんと繰り返していれば、消費者金融側からの信用も向上しますから、融資限度額の拡大はあっても面倒な問題はありません。

 

しかし、一旦支払不能があり、消費者金融側からの請求を無視したりすると、態度が豹変します。もともと「サラ金」と呼ばれていた貸金業ですから、取立の技術も並ではありません。あまり軽々しく見ない方が身のためです。

 

深夜の取り立てなどは禁止されていますが、貸金業法に抵触するギリギリのところまで、過酷な取り立ては続きます。給料の差し押さえだけではなく、実家や勤務先への訪問や相次ぐ取り立ての電話が取り立ての本気さを思い知らせてくれます。

 

主流は給料差し押え

取立の主流は勤務先に対する給料差し押さえです。給料の差し押さえがあると、会社の品位を落としたという理由で懲戒処分を受ける事があり、それほどでなくても社内の信用がガタ落ちです。お金を扱う金融関係の仕事をしていたら、クビになることが多いようです。

 

取立で一番確実な方法が、この給料の差し押さえのため、消費者金融は最初からこの方法をトライすることも多いです。ただ単に給料がもらえなくなるという単純な話ではなく、会社での信用を落とすので、ダブルパンチです。

 

ブラックリストは確実

信用情報機関に支払不能などの金融事故を登録されることをブラックリストと言います。ブラックリストとして登録されると、それ以後の借入などが一切できなくなり、クレジットカードの発行もできなくなってしまいます。ブラックリストに登録されると、思わぬところで生活に支障が生じるのです。

 

給料などの取り立てを受けた挙句、インターネットローンは解約され、新しいローンも組めなくなってしまうと、生活に困ってしまう人も少なくないでしょう。借金に依存する生活からは早く脱出すべきですが、借りている間は返済を確実にすることが大切です。