インターネットローン 在籍確認

インターネットローンを利用する際の「在籍確認」とは?

ローン審査の最終確認

キャッシングなどでよく耳にする、審査の在籍確認は、ほぼ全ての金融機関で実施されます。

 

少額融資では先に融資してくれる事例もありますが、それでも近日中に必ず勤務先へ確認の電話が入るのです。

 

インターネットローンの審査としては、在籍確認は最終確認であり、実施される時点で合格点が取れています。

 

しかし、利用者が用意した書類に基づいて判断しているので、客観的な根拠、つまり、法律に従って運営されている会社によって裏付けるのが定石です。

 

部外者からの電話を受け付けない会社もありますが、多くの事例を扱ってきたスタッフの手にかかれば、本人が在籍しているかどうかぐらいは分かります。

 

職場へ電話をかける意味とは

せっかく手間がかからないインターネットローンなのに、わざわざスタッフが電話確認する理由は、貸倒れのリスクを減らす為です。

 

世間で活動している会社の信用情報はデータバンクなどですぐに分かるから、勤務先の名前だけでもおおよその判断がつきます。

 

そして、初回利用者が間違いなく本人であって、そこに勤めていれば、提出された給与明細や所得証明書が偽物である可能性は限りなくゼロに近くなるのです。

 

短時間で確認する最適解が、職場への電話である在籍確認で、個人向け融資を扱っている金融機関で長く採用されてきました。

 

端から見れば面倒なことをしているだけですが、長年の信頼と実績がある行為です。

 

在籍確認がないと難易度アップ

インターネットローンだから在籍確認なしで審査して欲しいという方もいますが、職場への確認なしでは審査拒否になってしまう恐れすらあります。

 

在籍確認で申し込み内容の信頼性を確保しているから、それがなくなったら不良債権になってしまう危険度が跳ね上がってしまうのです。

 

審査としても大幅な難易度アップで、大手企業の正社員で、綺麗な個人信用情報、しかも人間性まで信頼できそうでないと通りません。

 

悪質な初回利用者は、偽造した書類で審査申し込みをしてくるので、金融機関側による客観的な確認が欠かせない状況です。

 

余計な手間とリスクがかかる初回利用者をわざわざ相手にしたくない事情は、インターネットローンでも変わりません。