自動融資

自動融資とは?

影武者

銀行系のインターネットローンには、銀行口座とリンクして、クレジットカード等の引落時の残高不足の際に自動的に不足額を融資してくれる機能があることがあります。特に銀行残高を気にしなくてもいいため、影武者のような存在なのです。

 

忙しくて銀行残高を頻繁に確認することができない人にとっては、非常にありがたいサービスで、最近は小口のインターネットローンを預金口座に最初から組み込んでいるケースも珍しくありません。限度額は30万円程度と少額ですが、いざという時にしか使わないので、これで十分です。

 

利用限度額が少額なため、利率は高いのですが、利用期間は短い資金額も大きくはならないので、支払不能が問題になるようなケースは考えにくいのです。もともとキャッシングをすることを前提としていないことも安心です。

 

使わない方がベター

とはいえ、この自動融資は使わなくて済むのであれば使わない方がベターです。便利なことは間違いありませんが、自分で預金残高を見る習慣がなくなってしまう事と、知らないうちに残高が溜まっていくことも珍しくないためです。

 

預金残高を全然確認せず、自動融資を頼ることは、同時に融資残高も見ていないことにつながります。残高が溜まっていくだけであればいいのですが、利用可能額が大きくないため、限度額に達してしまう可能性も高いのです。限度額に達してしまったら、自動融資の意味がありません。

 

預金残高は確認しよう

そのため、自動融資はいざという際のお守り程度に考え、通常はこれをあてにすることなく、預金残高の範囲内で利用することが大切です。引落のスケジュールと預金残高はいつも確認し、引落後は自分の目で預金残高や明細を確認することが必要なのです。

 

このような習慣をつけているのであれば、お守りとして自動融資を使うことは悪くありません。使うことが一度もないかもしれませんが、確認をいつもしている人でも、忙しくて確認する時間がなかったという事はあり得るためです。その時は影武者の出番です。