インターネットローン 申込み

インターネットローン|申込みから借り入れするまでの流れ

申込みはネットで簡単

インターネットローンの申込みは、非常に簡単です。消費者金融の申込みペーシに必要事項を入力するだけです。入力する項目は、住所と氏名、そして家族状況等、更には勤務先の3項目です。あまりにも簡単すぎてあっけないほどです。

 

しかし、これらのデータを消費者金融では、信用情報機関のデータとマッチングさせて審査をします。信用情報機関のデータは、今での消費者金融やクレジットカードの利用事績が出ていますが、特に金融事故などを起こしていない限り心配することはありません。

 

信用情報機関のデータでは、他の消費者金融などでの借り入れ実績を調べることもできます。年収の3分の1までという総量規制に対応するためには、他の消費者金融などの借り入れを調べる必要があるので、信用情報機関のデータは重要なのです。

 

仮審査とはいっても本審査は確認のみ

インターネットローンの審査は、コンピューターによる審査が主流です。申込も、信用情報機関からのデータも電子データなので、プログラムさえ組めば審査は一瞬で終わります。そして、審査プログラムから出力された結果が、そのまま仮審査の結果として、申込者に通知されます。

 

仮審査とはいえ、その後にこの審査結果が覆ることは、ほとんどありません。本審査では、単に運転免許証などを確認して、申込内容と一致していることをチェックするだけです。もし、両者が不一致であれば、再度審査をやり直すことになりますが、レアケースでしょう。

 

振込融資なので時間制限アリ

最近はインターネットローンで即日融資をするという消費者金融が増加しています。すぐにお金が借りたいという人が多いため、消費者金融でも素早い審査と融資で対応しているのです。

 

ただし、大手のように無人機店舗があれば、店舗に来てもらってローンカードを発行することができますが、中小ではできません。そのため、中小では必然的に振込による融資になりますが、時間制限があります。本審査で運転免許証等の確認をして、在籍確認をしてからの契約成立なので、早目に申込みをする必要があります。