地方銀行 ネットバンク 違い

「地方銀行」と「ネットバンク」の違いとは?

地方銀行は利用者を優遇する

特定の地域だけで営業している地方銀行は、全国的な知名度こそないものの、限定的な勢力下においてはメガバンクに負けない影響力を誇っています。

 

大手では目を向けない中小企業にも詳しく、地元で生まれ育ってきた行員が足で稼いできた顧客によって着実に利益を上げているのが特徴です。

 

どちらかといえばアナログ派で、メガバンクのネットバンキングや、支店がないネットバンクより審査に時間がかかるデメリットがあります。

 

また、個人向け融資にも消極的で、ネットバンクのような詳しい説明と多くのチャンネルはありません。

 

しかし、すでに信用がある利用者については、地方銀行の方が金利などで優遇されます。

 

ネットバンクなら最速の借入に

ネットバンクは全体的にスピードが速く、必要書類を予め用意しておけば、オンライン送信で最短即日融資も可能です。

 

オンラインサービスが豊富で、即時振込などの魅力的なサービスも利用できます。

 

審査結果までの手順が合理化されており、内部でもたつくことはありません。

 

いっぽう、全く知らない他人が審査する為、審査基準に達しなければ事務的に切られてしまうデメリットもあるのです。

 

高めの金利になってしまう可能性もありますが、少額のキャッシングなら多くの方がすぐに借りられます。

 

このスピードは地方銀行には真似できず、特にはじめての利用となると、書面で本人確認から勤務先を証明する手間ができてしまうのです。

 

地元の地方銀行を頼るのも有効

住宅ローンに重ねて目的別ローンを利用したい場合などは、誰に知られても困らないので、親身になってくれる地方銀行の方が頼りになります。

 

ネットバンクのインターネットローンであっても、大型ローンでは審査が厳しく、それでいて水準未満では機械的に足切りされてしまうのです。

 

それに対して、地方銀行では大型ローンの貸付は貴重な収入源であり、提出書類を増やしてでも何とか審査を通そうとしてくれます。

 

金利が大手銀行と同等では、誰もがそちらに流れてしまうので、地方銀行では低金利のローンを提供しているのが普通です。

 

本審査前の仮申し込みでも、担当者が色々なアドバイスをしてくれるから、完璧な書類で申し込めます。