インターネットローン 比較

インターネットローン|今すぐ借りれる評判の良い会社を比較!

身分確認の壁

最近どの消費者金融でも即日融資という言葉をキャッチフレーズに使っています。急いでお金が必要だという人にとっては、即日融資を受けることで、地獄に仏という気分になる人も少なくないはずです。

 

しかし、インターネットローンでお金を借りる際に、即日融資を受けるためには一つの壁がありました。その壁は身分確認です。インターネットでお金を借りる申込をすることは可能ですし、申込のデータとしてはネットで送信することで問題なく申込が可能です。

 

とはいえ、最終的には申込のデータが真実かどうかの確認をする必要があります。最近は源泉徴収票が必ずしも必要なくなったのですが、免許証などの確認は必須です。しかし、免許証等の確認をするにはコピーを消費者金融に送ってもらうか、店舗に来店する必要がありました。大手であれば、無人機店舗等のネットワークがありますが、中小であればそのようなことはできません。

 

画像データで解決

このように身分確認の壁があるため、インターネットローン自体は普及しても、免許証等の確認が必要なため即日融資は難しかったのです。しかし、現在は画像データを使って送信することができるようになりました。昔と違い、スキャナーの性能が向上し、スマホのカメラでも免許証の文字がすべて確認することができようにもなりました。

 

一昔前では、かなり高価なスキャナーでなければ読み取れないようなデータでも、1万円前後の安価なスキャナーで読み取りができるようになったのです。こうして、運転免許証や源泉徴収票を画像データ化し、アップロードすることで、これらの資料を消費者金融に送付することができるようになりました。

 

インターネットローンで即日融資

このような技術進歩により、現在ではどのインターネットローンでも、たいてい即日融資が可能になりました。ただし、中小の消費者金融が即日融資をする際には、振込をする必要があり、午後3時という時間制限があります。申込の時間は早めがいいでしょう。

 

大手であれば、無人機店舗で免許証等の確認をすることで、その場でローンカードを受け取ることが可能です。ローンカードを受け取れば、当然その場でも融資が可能です。

 

インターネットローンを比較する際のポイント

即日融資は当たり前

インターネットローンを提供している消費者金融のほとんどは、即日融資を大きく宣伝しています。お金に困った人にとって、すぐにお金を借りることができるインターネットローンは救世主に等しい存在です。

 

即日融資とはいえ、申込を終わっている人を相手にするのであれば難しいことではありません。しかし、問題は新規に申込をする人に対し、申込当日の融資が可能かどうかなのです。

 

最近は、即日融資のネックとなっていた身分確認などをネットからのアップロードで対応することができるようになりました。要は運転免許証などをスキャナーで読み取った画像データを送ることができるようになったのです。そのため、審査を申込当日に終わらせ、即日融資ができるようになりました。

 

インターネットで全てできるか

最近の消費者金融のトレンドは、カードレスです。通常はローンカードを使って、コンビニATMでキャッシングするのがインターネットローンの姿ですが、申込当初だけではなく、申込後も振込による融資をすることが増加しています。

 

大手に多いこのサービスも、繰上返済までネットバンキングを利用してできるようになりました。ネットバンキングの手数料は案外安く、利用者にとってあまり負担にならないのが特徴です。
顧客サービスもネット上でできるため、パソコンだけで全ての処理ができる事ができるようになったのです。

 

究極のサービスはカードレスか手数料レス

インターネットローンの究極のサービスは、このようなカードレスです。信販会社によっては最初からローンカードを一切発行せず、その分金利を下げているケースがあります。信販会社としては、ローンカードを発行したり、コンビニATMの利用料を半分負担するより、経費節減になります。

 

ほとんどの消費者金融はコンビニATMを利用すると手数料を徴収しています。もっとも、実際に消費者金融がコンビニ等に支払う金額はその倍であることが多く、半額負担にすぎません。しかし、利用者にとっては毎月の返済額から差し引かれるので無料であればその方が当然有利なのです。